快適に暮らすためにマンションに浄水器を導入しよう

水
男性

買い物が助かります

宅配水は自宅までおいしい水を届けてくれることから、子供や乳幼児がいる家庭でも重宝します。重い水を自宅まで運ばなくて済むことや、全国の名水を自宅で楽しめる点などがメリットといえるでしょう。また、ミルクに最適なピュアウォーターを取り扱っている業者もいます。

サーバー

用途に合わせて選択

ウォーターサーバーでは、タンク内の水を冷たい状態でも温かい状態でも使用できます。しかも水は業者に配達してもらえるため、便利さから多くの家庭でレンタルされています。タンクのサイズは複数あり、自由に選ぶことができます。さらに、高濃度の水素水を生成できるウォーターサーバーもレンタル可能となっています。

水道に直接取り付け可能

グラス

安心して利用できます

マンションでは水道管から直結するのではなく、タンクに一度くみ上げてから供給される場合も多く、水の質や安全性などを不安視する人もいます。そこで、最近の新築マンションなどでは蛇口一体型の浄水器などを導入している場合も多いのです。蛇口一体型浄水器の場合には、浄水器のレバー一つで浄水にすることができ、中にはお湯も浄水可能なフィルターを備えている場合もあります。また、蛇口一体型浄水器ではないマンションであっても、蛇口の形にあわせて浄水器を設置することが可能なケースもあります。いずれの場合においても、定期的にフィルターの交換をする必要があります。1か月で交換するものから3か月や半年ペースで交換するものなどメーカーや利用するフィルターによって様々です。設置している浄水器のメーカーによっては交換時期になると、定期的にフィルターを発送してくれる場合もあるため、このようなメーカーを利用するとフィルターの買い忘れや交換忘れを防止することもできます。自分で浄水器を設置する場合には、フィルターやカートリッジなどの消耗品を身近なお店で買えるかどうかの確認もしておくとよいでしょう。また、マンションが古い場合には、水道管などに錆が付着しているケースもあることから、これらも除去してくれるフィルターやカートリッジを探すと、より安心した水を利用できます。浄水器を設置した場合とそうでない場合では、水の味やにおいが全くことなるため、自身のマンションの状況に合わせて利用する浄水器を探すことをおすすめします。

家族

業者に依頼

ウォーターサーバーは複数の会社が取り扱っています。水の種類・ボトルの種類・サーバーの種類が比較するポイントとなります。この点を踏まえて宅配エリアであるか、さらにはトータルコストがいくらになるのかをしっかり比較検討する必要があります。